$('#fade').cycle();

私たち、こんな活動しています!

2018.11.13\宗像市葉山区福祉会と、意見・情報交換会を行いました/

 

 宗像市葉山区より葉山区福祉会の16名の方々が来られ、藤松校区の福祉協力員、民生委員児童委員の代表の方々と、大里東校区や田野浦校区の役員の方々が参加され、意見・情報交換会を行いました。

 

 まず初めに、当藤松校区社会福祉協議会の宮原会長より、挨拶がありました。

          

 

 次に、宗像市葉山区福祉会の田中会長より、挨拶をいただきました。

          

 

 その後、北九州市社会福祉協議会の概要説明を、北九州市社会福祉協議会 杉本課長より、門司区社会福祉協議会概要を、門司区社会福祉協議会 宇都宮主事より行いました。

  

 

 藤松校区社会福祉協議会の取り組みについては、上田事務局長・高橋書記よりお話しをしました。

  

 

 宗像市葉山区福祉会の取り組みについては、田中会長よりお話しをしていただきました。

          

 

 宗像市葉山区福祉会は、北九州市門司区の町内会にあたいする地域でのボランティア団体とのことです。

 北九州市と福岡市の中間に位置し、北九州市にゆかりのある方も多いとのことでした。

 高齢化率は 44.5% と高いそうですが、「悲観していない」と言われていました。

 活動をしていることで自分自身が「健康」で、後継者も育ってきているということが、その言葉を生むのではないかと感じました。

 町内会への加入率は高く、誰が未加入かが分かるとも言われていました。

 ボランティア団体としての活動も活発で、他地域から視察を受け入れることも多いとのことでした。

 

 それぞれの活動の概要説明を受けたあとは、グループに分かれて意見交換を行ないました。

  

  

  

 

 それぞれに地域に特性があり、活動状況にも違いがあるようでした。

 

 約40分のグループでの意見・情報交換をした後、各グループの代表の方に、グループ内でのお話しの内容を発表していただきました。

 

  

  

 

 グループ発表の後に、藤松校区から小原民児協地区会長、葉山福祉会から松藤様より、意見・情報交換会についての感想をいただきました。

  

 

 最後に、門司区社会福祉協議会の小田事務局長より閉会の挨拶があり、本日の意見・情報交換会は終了となりました。

          

 

 意見・情報交換会終了後は、連絡先の交換をしたりなど、それぞれ別れを惜しみながら、バスをお見送りいたしました。

  

  

 

 今回の意見・情報交換会を、他校(地)区の活動の情報を得るだけでなく、自分達の活動を見直す機会とし、今後の活動に活かしていきましょう。

 準備等、大変だったと思います。藤松校区の皆さま、お疲れさまでした <m(__)m>

 

2018.09.11\9月のふれあい昼食会が開催されました/

 毎月、恒例の「ふれあい昼食会」が開催されました

 食生活改善推進委員や福祉協力員・民生委員の方々のお力で、毎月開催されています

 

  

本日9時から準備をされた、バランスのとれたお食事が、きれいにテーブルにならべられていきます

  

 

 食事もすすんだところで、今月(9月)の誕生日の方の紹介があり、

      参加者の皆さまと        ~ ♪ ハッピバスディーツーユー ♪ ~

  

 

 食事の後は、門司区社会福祉協議会の小田事務局長による「川柳鑑賞会」

  

 「入れ歯抜け 孫の茶碗へ ホールインワン」や「その昔 恐竜見たかと 問うひ孫」

 孫とのことを題材にした川柳、「驚いた ホれるとボケルは 同じ文字(惚)」など・・・、

 

 ついつい“笑顔・笑顔”

  

          

           『いつまでも、笑って元気に過ごしましょう』

 

 月に一回ではありますが、皆さんと話しをしながらお食事を摂れば、おいしさも倍増!

 笑って笑って、おなか一杯になって・・・、楽しい時間を共有し、元気をもらい合いましょう!

2018.04.24\地域のパトロール隊による新一年生の下校時の見守り活動が行われました/

 

   藤松小学校に、今年度も約40名の新一年生が入学し、入学式の翌日(4/12)より給食が始まる

前日(4/19)まで、パトロール隊の皆様による下校時の見守り活動を実施しました。

 学童保育利用者はそれぞれの学童実施場所へ、自宅や祖父母宅へ帰る子ども達はそれぞれの方向の

グループに分かれ出発、順に自宅や祖父母宅まで送っていきました。

 

【最終日、約一週間の見守り活動に対し、新一年生よりお礼の手紙が渡されました】     

 

【それぞれの方向に分かれて下校】

        

 

【一人一人自宅まで見守り】

       

 

ランドセルカバーのデザインが今年より変わり、昨年度までの物と比べて少し大きく、蛍光色がよく目立ち反射材もついて、保護者の方々の間でも好評のようです。

4/20(金)からは、新一年生も給食が始まり、学校で過ごす時間が長くなってきました。

新一年生のみなさん! 寄り道をしないで気をつけて帰りましょう!

地域住民のみなさん! お疲れ様でした。これからも子ども達を見守っていきましょう!

 

2017.12.19ふれあい餅つき交流会を開催しました

藤松校区社協では、今年も12月16日(土)に「ふれあい餅つき交流会」開催しました。

朝早くから多くの皆さんが集まって、ヘアキャップとマスクを着用し、準備万全!

約60kgのお餅をついていきます!

  

ついたお餅は女性陣が愛情をこめて丁寧に丸めていきます!

  

次は子ども福祉クラブのメンバーが、パック詰めして、きれいに、のしを付けていきます!

  

出来上がったお餅は、福祉協力員と民生委員が一人暮らし高齢者のお宅へと届けました。

校区の皆さんが健やかな新年を迎えられることを願っています。

2016.12.21ふれあい餅つき交流会を開催しました


12月17日(土)、藤松校区社会福祉協議会主催の「ふれあい餅つき交流会」を開催しました。

寒い中、朝から大勢の皆さんが集まって、40㎏のもち米がつぎつぎとつきあがっていきます。
餅を扱う人は、ヘアキャップにマスク、手指の消毒と、ノロウィルス対策も万全に、日本の伝統行事を次の世代へつないでいます。

女性陣は、すばやく美しく丸めていきます。子ども福祉クラブのメンバー4名は、パック詰めを手伝いました。
お餅は、福祉協力員により一人暮らし高齢者のお宅へ届けられました。
校区の皆さんが健やかに新年を迎えられますように…

2016.10.05第15回 ふじまつフェスタ〝2016”を開催しました!


10月2日(日)、藤松小学校校庭で今年も「ふじまつフェスタ」がにぎやかに開催されました。
藤松まちづくり協議会が主催ですが、藤松校区自治連合会をはじめとした校区各種団体や企業、学校など、校区あげての元気の祭典です!

事前にまち美化ボランティア袋を配布し、ゴミを拾いながらフェスタ会場に集合!フェスタに参加すると同時に「市民いっせいまち美化の日」にも参加するという、一石二鳥も狙います(^^)

北九州市消防音楽隊のファンファーレで開幕、宮原会長からご挨拶のあと、来賓の皆様をご紹介しました。
ご来賓として、8月に発足した第3次安倍第2次改造内閣で地方創生などを担当する「内閣府特命担当大臣」に就任された、山本幸三衆議院議員も駆けつけ、藤松校区へ熱いメッセージをいただきました。

共催団体がたくさんの屋台ブースを出展する中、民生委員児童委員・主任児童委員の皆さんもフェスタ恒例のうどんを販売していました。はじめは曇り空でしたが、徐々に天気も回復し、快晴の中で多くの皆さんに参加いただいた「ふじまつフェスタ」は、無事終了いたしました。

2016.10.05敬老会を開催しました


9月17日(土)、藤松小学校の体育館で『藤松校区敬老会』を開催しました。
今年は、百歳 1名、米寿 24名、喜寿 52名の皆様が顕彰されました。

第二部は、藤松小学校5・6年児童による『民踊ソーラン節』、藤松学童保育クラブ児童による『花笠音頭・チャチャチャ・チャンピオン』、ききょうの会の皆さんによる『南京たますだれ』が披露され、盛会のうちに終了しました。

躍動感あふれる『民踊ソーラン節』に、会場も大いに盛り上がりました。

学童保育クラブのちびっ子たちも、元気いっぱい頑張りました!

高齢化は藤松校区も例外ではなく、足元が不安な方も増えてきました。
そこで、安全に安心して参加してもらおうと、藤松小学校体育館入口の階段に、藤松校区が手すりを設置しました。
普段の子どもたちにはあまり必要ないかもしれませんが、小学校も地域資源の一つであり、バリアフリー化は大変有効だと考えています。

2016.09.14こども福祉クラブが発足しました!


去る8月28日(日)、これまでの”ウェルクラブ”を発展させた「こども福祉クラブ」が発足しました!

会員として登録した8名のうち、4名が参加しての発会式。
会員登録証が手渡され、いよいよ活動開始です。

第1回となる活動は、藤松公民館で開催されていた「福祉バザー」のお手伝いです。
おそろいの黄色いバンダナが決まっています!

約1時間の活動の後、校区の皆さんと一緒にカレーをいただきました。
労働の後のカレーは格別(^^)
これからも校区のいろいろな行事に参加してもらう予定です!

2016.02.26赤い羽根自動販売機を設置しました。


藤松校区社会福祉協議会では、気軽にできる社会貢献活動として、赤い羽根自動販売機を藤松市民センターに設置しました。
この自動販売機の売り上げの一部が赤い羽根共同募金に寄付され、ふれあいネットワーク活動を始めとした地域福祉活動や、子育て支援、障害者の自立支援などに役立てられます。
みんなを笑顔にする「赤い羽根自販機」をよろしくお願いいたします。

«前へ1次へ»

門司区