\柄杓田校区ウェルクラブ活動が行われました/

2017.10.14

ウェルクラブ活動は、見守り・助けあい・話し合いの3つの仕組みからなる「ふれあいネットワーク活動」を体験し、

子どもたちに福祉の心を育むことを目的として、平成20年に事業開始したものです。

 

柄杓田小学校に通う3年生以上の児童14名が参加しました。

民生委員、福祉協力員と一緒に、一人暮らしの高齢者宅を訪問します。

    

見守り対象者のお宅で、

「よく見るテレビ番組はなんですか?」や「好きな食べ物はなんですか?」など、

なにげない質問から、日頃の楽しみなどへ会話が弾みます。

 

活動が終わった後には、発表会が開かれ、

   

「(高齢者の)いろんなことを知りたい」 「もっとお話してなかよくなりたい」

「これから積極的に関わろうと思います」 「中学生になっても参加したい」

などの感想がありました。

 

活動を通して育まれた福祉の心を、これからも大切にしてほしいと願っています。

 

ご協力いただいた福祉協力員や民生委員、地域の方々、訪問活動お疲れ様でした。

門司区