第3回の連絡調整会議を行いました。(年4回)

2018.12.21

 

今回も資料に沿って、連絡調整会議を行いました。

           

   ※ 画像をクリックすると、PDFファイルが開きます。

 

はじめに、年末に行う「暮れのごあいさつ」と「年賀状発送」について説明しました。

 

庄司校区では、各福祉協力員が「暮れのごあいさつ」と「歳末防犯パトロール」を兼ねて、“歳末月間”として、

12月20日から担当高齢者宅を訪ねお声掛けし、各家庭に「暮れのごあいさつ」の品物をお届けする

“歳末警戒”を実施しています。

また、75歳以上のみなさんには同じく各福祉協力員が、年賀状のあて名を一枚一枚丁寧に書き、

投函します。

年を一つ重ねていくにつれ年賀状が届く枚数が少なくなる方も居られ、とても嬉しいと喜ばれて

います。                                        

           

    ※ 画像をクリックすると、PDFファイルが開きます。

          

また、ここ一ヶ月ほど門司区内で「オレオレ詐欺」が多発している、とのことで注意喚起のチラシを再度配布し、

担当高齢者にお伝えして頂くよう利光副会長からお話がありました。

  

その後、校区社協の今後の事業をお知らせしました。

    

                      (連絡調整会議の様子)

 

庄司校区の連絡調整会議では主任児童委員も参加して頂き、高齢者情報の意見交換だけでなく、

校区の子供たちの様子などもお話して頂き、情報を共有しています。

 

最後に、民生委員児童委員毎に福祉協力員が分かれ、担当高齢者の近況や報告などを話し

第3回目の連絡調整会議を終了しました。

 

 次回は30年度最後の連絡調整会議を3月に実施予定です。

門司区