$('#fade').cycle();

私たち、こんな活動しています!

2017.08.10前田北地区社協 サロンの紹介

各サロン、それぞれ活動をしていますが、どの区会の人がどこの

 

サロンへ行っても、構いません。

 

サロンのモットーは、☆誰でも出入り自由

              ☆お客様はいません

              ☆参加者みんなが主役

 

 

〇サロン活動の運営はどうするの

サロン活動の運営は、参加者も世話人も協力者もみんなで

 

まとめ上げる努力をしましょう

 

・参加者の意思を大事に、サロンの目的を確認、プログラムは

 

 健康に関わる、みんなで楽しめるもの。

 

・参加者の特技を活かして楽しみましょう

 

・世間でおこっている事件・事故、安心安全に関わる事や

健康に関わる情報など社会一般の情報を知りましょう。

 

・サロンの参加を促進するために、住民への周知を行いましょう。

 

これからも、前田北地区社協のサロンがますます充実して、みなさんが

 気軽に活動を楽しむことができますように

 

 

 

2017.08.09第1回前田北地区社協サロン活動交流会を開催しましたのでその様子を紹介します!

開催日時:7月31日(月)13:00~15:00

 

開催場所:前田市民センター(多目的ホール)

 

 日頃、それぞれのサロンに参加されている方々や、ふだんはサロンに

 

参加していない方々にも一同にお集まりいただいて、みんなで楽しい

 

時間を共有できました。

 

 たくさん集まっていただいたおかげで、ゲームや歌を入れての

 

リズム体操などでとても盛り上がり、一人ひとり楽しく交流できました!


        司会・進行をする牟田氏

 

       来賓の方々および関係者

 

       サロンについての話をする

       村上地域支援コーディネーター

 

           牟田氏による

        みんなで楽しく脳トレゲーム!

 

  

               S・S・C(ソング・ストレッチ・クラブ)

            松井講師による歌や、リズム体操、ストレッチ

 

 

 

 

 

2017.05.08第二地区会「前田生き生きサロン」がいよいよ始まりました!

平成29年4月20日(木)13:30から第一回目「前田生き生きサロン」が始まりました。

 健康は意識して維持することを心がけなければ保つことは難しいものです。

 

             DVDを観ながら「きたきゅう体操」を皆で行いました。

   

   

       の後、茶話会をしながら、次回の日程調整と自己紹介をしました。

               

最後に、村上地域支援コーディネーターに、何故「サロン」が必要なのか、「サロン」の重要性など

についてお話を伺いました。

 

次回は、5月25日(木)13:30~15:00平野市民センターです。

是非、お友達をお誘いしてご参加ください。みんなで健康寿命を伸ばしましょう!

2017.05.08第一地区会「前田お茶飲みサロン」がいよいよ始まりました!

平成29年4月4日(火)13:00から第一回目「前田お茶飲みサロン」が始まりました。

 地域の皆さんの関心が高かった健康に関することを念頭に、北九州市福祉用具プラザの

作業療法士、理学療法士に講師派遣依頼することを村上地域支援コーディネーターにお願い

をして第一回目がスタート!

この日は、長生会の総会もあり、せっかくみなさんにお集まりいただいたのだから、是非、

サロンを体験していただきましょうと初回を総会後に開催しました。

      

          体を動かすことの大切さを語る福祉用具プラザ講師

      

     みんなで一緒に座ってできるロコモティブシンドローム予防体操体験 

 

                  地区有志による手品披露

              

               あらあらお札に穴が…                  不思議と元通り!

 

       中身が真っ白な絵本を取り出し、物語を話しながら、手品は進みます。

    

   一度閉じると真っ白な絵本に絵が入り、またまた閉じて開けると色がついてカラフルに!

      

        

            タネも仕掛けもない(?)箱から色々な物が出てきました。

 

      

         おもしろおかしなバナナのたたき売りでみなさん大笑い!

       次回5月2日(火)13:00~14:30も楽しい企画を考えています。

         皆さん、是非お友達をお誘い合わせの上、来て下さいね!

 

 

 

      

         

                   

    

 

   

2017.04.06前田北地区社協の年間活動報告

前田北地区サロン活動準備委員会の活動について

開催日(5回)   平成28年6月28日、8月30日、10月19日、12月27日、2月28日

委員会 委員   会長 財津 康男 以下18名

関係機関     八幡東区社会福祉協議会、八幡東区役所 保健福祉課

 

 私たち前田北地区社協は、27年度からサロン活動の研修会等を開催し、サロンの周知活動を

行なって来ました。昨年2月、地区での研修会の場で「サロン活動準備委員会」(以下、「準備委員会」と

呼ぶ。)を立上げて、サロン活動を推進することになりました。

 

そこで、4月の「前田北地区連絡調整会議」において、「調整会議」の部会として「準備委員会」を設立、

6月に最初の「準備委員会」を開催して、地域の高齢者へのサロン活動の「アンケート調査」を計画、

また地区サロン活動の指針となる「サロン活動の手引き」を作成すること、さらに、年度内に、新たに

サロンを立ち上げることを目標に決めました。

 

 9月開催の「敬老祝賀会」の案内に併せてサロン活動の「アンケート調査」を実施し、約350名からの

回答を得ました。このアンケート調査の結果を踏まえて「サロン活動の手引き」(案)を作成しました。

 

 10月開催の「連絡調整会議」において、アンケート調査の結果と「サロン活動の手引き」(案)を審議し

承認されました。以後、地域の関係団体や町内会長会議等の場で、その内容の説明を行なってきました。

現在も「準備委員会」が、サロンの立ち上げに向けての活動を行なっています。

           

       第1回目 6月28日                          第2回目 8月30日

 

           

       第3回目 10月19日                          第4回目 12月27日

 「前田北地区 社会福祉協議会の視察研修会」の実施報告書

1.テーマ 「若松区古前校(地)区社会福祉協議会」“にこにこサロン”の見学会

       「北九州市認知症支援・介護予防センター」“認知症カフェ”の研修会

2.目的  前田北地区社協「サロン活動」に資するための研修会

3.研修日時 平成28年12月14日(水)9:00~16:00

4.研修会場 若松区古前市民センター及び小倉北区総合保健福祉センター

5.講師  ・古前市民センター館長、古前地区社会福祉協議会会長、民生委員等

       ・医療法人 寿芳会 訪問看護ステーション  下地 雅美

       ・認知症支援・介護予防センター 地域活動コーディネーター 中村真理子

6.出席者 前田北地区社協  会長代行 他役員・理事・評議員16名

        (オブザーバー)東区社協 村上 地域支援コーディネーター

7.研修内容

①古前“にこにこサロン”は、昨年試験的に数回行ない、今年6月から月に1回実施

  しているサロンです。民生委員さんが中心になって行っています。参加人数は20~

  25名程度です。「きたきゅう体操」等も取り入れ、毎月いろいろ工夫しているサロン

  です。今回(12月)は地域の病院の訪問看護師の「家庭での健康管理」〈水分・

  血圧・栄養〉のお話がありました。

②意見交換会(“にこにこサロン”のスタッフとの意見交換)

・昨年から、社協会長や民生委員等が、スタッフとなって企画し、地域の高齢者の住民

 を対象にしたサロン活動を開設しました。

・開始当時は、参加者が少なかったのですが、周知活動や口コミで、参加者がだんだん

増えていきました。現在は、20名前後の参加者となっています。

・にこにこサロンは、1回/月、午前の昼までの2時間程度で、茶話会も行っています。

・今は、世話人が中心となって企画していますが、今後は、参加者が主体となって

サロン活動を企画・運営できればと思っています。

(後半)

③「アシスト21・ひまわりセンター」では、認知症と予防の話~最後まで地域で暮らす

 ということ~の題で、中村 地域活動コーディネーターからのお話でした。

・「カフェ・オレンジ」を当館5階にオープンした。関係団体の6者協定に基づく運営、

運営の中心は、認知症・草の根ネットワークです。

・毎日(盆・正月以外)10時~18時 運営のボランティアの育成(現在79名)

・予防の3つの要素を「カフェ・オレンジ」で体験できる!

  “コミュニケーション・運動・栄養ラボ”が予防の3要素です。

・来場者は、現在9,491名⇒認知症の人やその家族だけでなく、認知症とは何かを

知りたい健常者も多いことから「誰にも居場所は必要である」と再認識しました。

(視察研修の考察)今後の前田北地区のサロン活動の立ち上げに、非常に参考になりました。

 

前田北地区 社会福祉協議会の視察研修会の様子   平成28年12月14日(水)

                                                        

           

           講演会                                交流会

      

                                古前 市民センターにて

         

  北九州市認知症支援・介護予防センター

          中村コーディネーターの講話                       カフェ・オレンジ体験

 

 

               

 

 

 

2017.04.05平成28年度年間活動報告

ふれあいネットワーク研修会

 1回目平成28年8月6日(土)『地域でめざそう!支え合い、心のかよう、まちづくり』

      と題して、八幡東区社会福祉協議会より、地域支援コーディネーターの村上さんに、

          ふれあいネットワーク研修会をしていただきました。約40名が集まりました。

                                       

 2回目:平成28年11月29日(火)『今日からできる誰でもできる介護予防』~認知症やロコモを

          予防して、いつまでも 元気に長生き~と、題して八幡東区役所保健福祉課地域保健係

          花井保健師から研修をしていただきました。約20名が集まりました。

                                 

 

八幡東区は、75歳以上の高齢者の割合が市内で一番高く、支え合いの地域づくりは今後ますます

大切なものとなってきます。併せて認知症やロコモの予防を始めとする、元気で長生きをするための

健康づくり、より元気な地域社会づくりについて講演していただきました。

研修実施の効果として前田北地区社協のコンセンサスを進めることができました。

 

敬老祝賀会

1区会:平成28年9月25日(日)前田市民センターに約70名が集い、北橋市長も見えられお祝いの

          言葉を述べられました。梅木社中の日本舞踊、育成会ブラスバンドなどで長寿を祝いました。

2区会9月24日(土)前田市民センターに90名が集いました。メンバーにお孫さんがいる育成会

         ブラスバンド、それに合わせて歌ったり、日本舞踊、福引大会で長寿を祝いました。

5区会:9月22日(木・祝)今年から希望者はタクシーで送迎することで、会場を前田市民センターに変えました。

     94名が集い、座席は各町内毎に配置し、演芸を楽しみながらの会話も弾みました。

    

 

第9回一人ぐらしの集い

地域の皆んなが安全・安心に暮らすには一人暮らしを始め、高齢者やいろんな困った人たちとふれあい、

お互い顔を見せ情報交換することが大事です。

今年は、平成29年1月31日(火)11時から65歳以上の一人ぐらしの住民を対象にした「一人ぐらしの集い」

を前田市民センターをメイン会場として、97名の参加のもと行われました。

    

来賓の前田北社協藤田会長、八幡東区社協半田会長より挨拶があり、続いて記念講演として

八幡東警察署瓜生佳彦氏による「ニセ電話詐欺の被害にあわないために!」

と、同じく八幡東警察署戸田智宏氏による「高齢者の交通安全について」の講演がありました。

 昼食をはさんでアトラクションでは北田富美子氏による「筑前琵琶」の演奏でラバウル小唄、

黒田節など合唱し、終わりに「福引抽選会」を行い大いに盛り上がっていただきました。

 地区社協と民生委員、そして地域の方々による手作り感いっぱいの「お・も・て・な・し」の集いとなりました。

 

第17回ふれあいもちつき大会

今年は、12月10日(土)の早朝から祇園1丁目公園で「第17回ふれあいもちつき大会」を開催しました。

当日は冬晴れの絶好の天気に恵まれ、さくら保育所園児からお年寄りまで三世代約700人が参加されました。

                

 臼を4か所設置し150㎏を皆んなで昼過ぎまでにつき上げました。

会場では、つきたての餅が販売され、酢もちや黄粉もち、ぜんざい、豚汁などの振る舞いコーナーも好評でした。

会場では、歓談やペッタン、ペッタンの杵の音が響き渡り三世代交流、地域の交流が図れました。

 

 

 

 

 

 

2017.03.13平成28年度ケア会議年間活動報告

平成28年度前田北地区社協ケア会議の様子です。

 

※画像をクリックすると拡大することができます。

  

2016.05.11地区社協だより等

2016.05.11ふれあいネットワーク活動

◎ふれあいネットワーク研修会
○1回目:7月7日(火)
 「認知症・ロコモ・生活習慣病の予防」

・参加人員40名

・講師:八幡東区保健福祉課
       花井 さくら氏
 ロコモ(運動器症候群)とは、筋肉、骨、関節などが衰え、日常の移動機能が低下した状態。予防には脳トレや筋肉の保持・増進の運動が大切でそのための「片脚立ち、スクワットなどの運動」の話がありました。

 

○2回目:H28年2月26日(金)

 「地区社協が進めるサロン活動」

サロン活動をさらに発展させ、今後の方向、進め方の参考にするため開催しました。 
・参加人員45名
①基調講演
「サロン活動で福祉のまちづくり」
・講師:市社協・地域支援課
    主 事  宇都宮 慎吾氏

②活動中の3つのサロン活動の発表と意見交換。
 ・研修実施の効果:前田北地区社協のコンセンサスを進めることができました。
 

2016.05.11敬老祝賀会

1区会:9月20日(日)前田市民センターに80名が集われ、久しぶりに顔を合わせた方がお互いに長寿を祝っていました。梅木圭子社中の日本舞踊、ブラスバンドで盛り上がり楽しい敬老会でした。

2区会:9月19日(土)前田市民センターに125名が集われました。例年出演戴いている智賀菊峰会社中の日本舞踊、育成会ブラスバンド、福引大会で長寿を祝い、また元気に会いましょうと励ましあっていました。

5区会:10月4日(日)西本町児童館、天候に恵まれ会場一杯の90名が集われました。75歳で初参加5名に花束贈呈。大正琴、銭太鼓、演歌独唱、抽選会で楽しみました。長寿を祝う温かい敬老会でした。

 

          1区会                    2区会                     5区会

         

 

«前へ || 1 | 2 | 3 || 次へ»

八幡東区