$('#fade').cycle();

私たち、こんな活動しています!

2019.02.18「ふくしのまちづくり講座(第3回目)「地域での支え合いについて~私ができること~」を開催しました。

1月26日(土)14:00から「ふくしのまちづくり講座」第3回目

 

「地域での支え合いについて~私ができること~」と題して

 

北九州市立大学名誉教授で、臨床心理士の中島 俊介氏に講演いただき

 

ました。

 

 講演の始めにはあいにく雪が降り始め、あっという間に窓の外は雪で

 

真っ白に!!

 

しかし、前回よりも多くの人に集まっていただきました。

          

挨拶と講師や参加者の紹介をされる副会長 講座内容とアンケート

                                回収などについて説明を

                                される地区社協会長

 

           

マジックをしてちょっとアイスブレイク!    講演中の中島名誉教授

「今日誕生日か、誕生日が昨日とか明日の人はいますか?」シ~~ン

 

「残念ですね~いらっしゃったら、このマジックセットをプレゼント

 

しようと思ったのに~。これ?100円均一ショップにあるんですよ!」

 

と参加者の笑いを誘ってくださり、後に続く〝人は何か貰うと心が

 

通い合う。うちとける。”といったお話の導入となるテクニックも

 

ご披露なさいました。

           

    窓の外は雪        講話に聴き入る参加者

 アンケート結果は「わかりやすくておもしろく、知らないことが

 

沢山あり、もっと聞きたい話だった。」「肯定的受容の一言は確かに

 

その通りだと思う。これからの余生の参考にしたい。」とか、「今日

 

来られなかった人にも聞かせてあげたい。」などの声がありました。

2019.02.14「ふくしのまちづくり講座(第2回目)「人生の終わりのためにはじめること~看取り看取られるあなたへ~」を開催しました。

12月17日(月)「ふくしのまちづくり講座第2回目~人生の終わりのために

 

はじめること~看取り看取られるあなたへ~」と題して八幡薬剤師会薬剤師

 

工藤 信孝氏を招いて講演をしていただきました。

  

 挨拶をする地区社協会長

      

             工藤先生による講話

   

グループワーク・・・二重円を作り、「気になること」をみんなで出し合い、

           先生に聞いてみました。

           特に薬の使用方法については、聞いてみたいことがいろいろと

           出てきて活発な意見が飛び交いました!

今回、教えていただいた内容を普段の生活に役立ててみては如何でしょうか。

2018.12.14「ふくしのまちづくり講座(第1回目)~「認知症を理解しよう!」~を開催しました。

 11月19日(月)18:30から天神市民サブセンターにおいて、

 

講師にキャラバンメイトの猪熊 和仁氏をお迎えして、認知症についての

 

研修を行なっていただきました。

 

実話や、体験談などの事例も交えながらとてもわかりやすくお話をしてい

 

ただきました。

                  

キャラバンメイト:猪熊 和仁氏

                                      

「講座」と「講師」の紹介をする地区社協吉村会長

 

熱心に耳を傾ける参加者

 

 当日は約30名が参加し、みんな熱心に耳を傾け、メモを

 

とっていらっしゃいました。

 

「わかりやすく楽しく勉強できて良かった」、「これからは人と話し合っ

 

たり身近な人と助け合いながら生活していきたいと思う」といった感想が

 

ありました。

 

                  

 

次回は「人生のおわりのためにはじめること~看取り看取

 

られるあなたへ~」と題して、

 

講師に八幡薬剤師会薬剤師の工藤 信孝氏を招いて講話をしてい

 

ただきます。

 

看取りについて薬剤師の観点からどのようなお話をしていただけるのか楽

 

しみですね!

 

一人でも多くの方々のご参加をお待ちしています。

 

2018.11.20北九州市社会福祉協議会会長表彰者の表彰伝達式および、ふれあいネットワーク研修会を開催しました!

 11月14日(水)19:00から天神市民サブセンターにおいて北九

 

州市社会福祉協議会会長表彰者の表彰式へ出席できなかった受賞者お2人

 

のために地区で表彰の伝達式を行いました。

 

長年見守り活動に力をそそいでおられる、お2人を地区社協のみなさんで

 

祝福いたしました。

 

 八幡東区社会福祉協議会福島事務局長から表彰状を伝達される森田氏・石松氏

 

 

         

       副会長森田氏(活動19年)        福祉協力員石松氏(活動5年)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

表彰伝達式の後は、八幡東区社会福祉協議会の梶原主事を講師にふれあい

 

ネットワーク研修会を開催しました。

 

高齢者が増えていく中、地域での見守り活動について、より一層意識して

 

いかなければと感じました。

2018.07.02「ふれあい菜園」でサツマイモ芋苗植え込みとジャガイモの収穫をしました!

6月17日(日)、「ふれあい菜園」でサツマイモ芋苗植え込みと

 

ジャガイモの収穫をしました!

 

当日は、保育園の親子や地域の高齢者も来てくれて、41人の

 

参加がありました

 

 

紅薩摩100本・安納芋50本の苗を等間隔にあけて植え込みました。

 

秋の収穫が楽しみです!甘くておいしいお芋になあれ!

                                     さあ!次はジャガイモの収穫です。

 

 

 

 

 

子どもも掘り出しやすいように大人で茎葉部位を切り取っている

 

ところです。

 

みんなで、ジャガイモを掘り出しました。「あった!あった!」

 

たくさん収穫できました

2018.06.22「ふれあい菜園」玉ねぎの収穫をしました!

平成30年6月3日(日)、昨年に引き続き

 

皿倉小学校の児童も参加し、皆で協力をして

 

玉ねぎの収穫をしました。

 

やわらかい土から次々に玉ねぎを掘りだしては

 

抜き、畑周辺の草取りまで参加者全員で行い

 

ました。

 

やわらかく栄養たっぷりな土からは、大ぶりの

 

玉ねぎが沢山とれました。

 

地区の子どもから高齢者まで多世代交流もでき、子ども

 

達は虫を発見したりしながら自然とも親しみ、

 

とてもよい活動ができました。

  

  

  

次回は、さつまいもの種芋植え付けと

 

ジャガイモの収穫です。

 

 

2017.01.27「健康講座」を開催しました。

1月21日(土)10:30から健康講座を開催しました。

     

講師に、せいてつ訪問看護ステーションの甲斐所長と八幡東区役所保健福祉課地域包括支援センターの

荒牧保健師をお迎えし、甲斐所長から「自宅で快適な生活を送るために~介護に関する知識や技術のポイント」

と題して、また、荒牧保健師から「包括支援センターと相談窓口について」と題してお話を聞きました。

     

介護保険制度のしくみ、生活に手助けが必要になっても住み慣れた街で暮らし続けたい・・・。そんな思いを実現

するために、自宅での介護の仕方として介護をする周囲の人々が心がけたいことや、費用を出来るだけかけないで

介護をする方法など、また、わからないことは、市民センターでの「高齢者のいきいき相談」や地域包括支援センターへ

相談へ行くことなどを、それぞれの講師が、わかりやすく具体的にお話してくださいました。

 

«前へ1次へ»

八幡東区