1月21日(土)10:30から健康講座を開催しました。

     

講師に、せいてつ訪問看護ステーションの甲斐所長と八幡東区役所保健福祉課地域包括支援センターの

荒牧保健師をお迎えし、甲斐所長から「自宅で快適な生活を送るために~介護に関する知識や技術のポイント」

と題して、また、荒牧保健師から「包括支援センターと相談窓口について」と題してお話を聞きました。

     

介護保険制度のしくみ、生活に手助けが必要になっても住み慣れた街で暮らし続けたい・・・。そんな思いを実現

するために、自宅での介護の仕方として介護をする周囲の人々が心がけたいことや、費用を出来るだけかけないで

介護をする方法など、また、わからないことは、市民センターでの「高齢者のいきいき相談」や地域包括支援センターへ

相談へ行くことなどを、それぞれの講師が、わかりやすく具体的にお話してくださいました。