$('#fade').cycle();

私たち、こんな活動しています!

2017.11.06大蔵地区広報紙が発行されました。

 

大蔵第三自治区会、大蔵第三地区社会福祉協議会

 

大蔵第一自治区会、大蔵第一地区社会福祉協議会

 

合同の広報紙「大蔵こだま」が発行されました

 

 

クリックすると拡大されます

2017.09.22大蔵ウェルクラブ修了式がありました。

 

 9月16日に、大蔵ウェルクラブ修了式が大蔵市民センターにて行われまし

 

た。

 

 ウェルクラブ参加児童9名が元気に活動の感想を発表してくれました。

 

 高齢者のお宅への訪問活動や高齢者施設でのふれあい交流を通して「お年

 

寄りの気持ちが分かり、困っていたら助けてあげたい」や、「将来は介護の仕事

 

につきたい」など、参加児童ひとりひとりにとり有意義な活動であったことがうか

 

がえました。

 

 八幡東区社協半田会長をはじめ、大蔵第三地区社協光行会長、大蔵第一地区

 

社協梅本会長、大蔵小学校笠原教頭先生、北九州市社協地域福祉部杉本課長、

 

大蔵市民センター鍋島館長より、あたたかいメッセージをいただきました。

 

 ウェルクラブ活動で大きく成長した、みなさんのこれからの活躍を楽しみにしてい

 

ます

 

 

    

      ウェルクラブ活動の発表           プチボザウルスと一緒に

  

2017.07.31大蔵ウェルクラブ出発式(キックオフ)!

 

 7月27日に、大蔵ウェルクラブの出発式が大蔵市民センターで行われま

 

した。

 

 大蔵地区では、平成16年からウェルクラブ活動を行い、今年で14回目の

 

活動となります。今年の参加児童は6年生9名です。

 

 大蔵ウェルクラブ活動は、大蔵第三地区社協と大蔵第一地区社協合同で

 

計画しています。

 

 出発式では、八幡東区社協半田会長をはじめ、八幡東区役所保健福祉課

 

淺井課長、北九州市社協地域福祉部磯田部長、大蔵小学校花島校長先生、

 

大蔵市民センター鍋島館長より励ましの言葉をいただきました。

 

 また、民生委員さんや福祉協力員さん、老人クラブの会員さんなど地域の方々

 

にも出発式に参加していただき、自己紹介とともにこれから一緒に活動する児童

 

との顔合わせの場にもなりました。

 

 元気にあいさつしをながら、活動を楽しみましょう

 

    

       参加児童の紹介           地域の方々より励ましの言葉

 

 

2017.07.05大蔵地区広報紙が発行されました。

 

大蔵第三自治区会、大蔵第三地区社会福祉協議会

 

大蔵第一自治区会、大蔵第一地区社会福祉協議会

 

合同の広報紙「大蔵こだま」が発行されました

 

 

クリックすると拡大されます

2017.03.02大蔵地区広報紙が発行されました

大蔵第一自治区会、大蔵第一地区社会福祉協議会

大蔵第三自治区会、大蔵第三地区社会福祉協議会

合同の広報紙「大蔵こだま」が発行されました。

 

クリックすると拡大されます

2016.07.29大蔵ウェルクラブ活動の出発式がありました

大蔵地区では、大蔵第一地区社協と大蔵第三地区社協共同で

毎年ウェルクラブ活動に取り組んでおり、今年で13年目となります!

今年の参加児童は、14名。半数以上は、昨年のウェルクラブ活動を体験しています。

出発式には、大蔵小学校長をはじめ、市社協、区社協、市民センター館長、保護者

地区社協の役員やあウェルクラブ活動を支援してくれる地域の方々が激励にきてくれました。

参加児童は、活動を楽しみながらふくしの勉強をしてほしいですね。

  

 

  

2016.06.09ふれあいネットワーク活動説明会の開催しました

 4月28日、5月18日、20日の3日間、それぞれの町内会ごとに「ふれあいネットワーク活動説明会」を

開催しました。

 八幡東区社会福祉協議会の中江事務局長がパワーポイントを使って「ふれあいネットワーク活動」について

「福祉協力員とは・・・」「ふれあい通信員とは・・・」等、とてもわかりやすく、丁寧に説明してくださいました。

 

≪説明会の様子≫

           

 

ふれあいネットワーク活動のキーワードである

「見守り(気づき)」・「助け合い(行動)」・「話し合い(振り返り)」を

チームワークで乗り切りましょう!

 

 

 

«前へ || 1 || 次へ»

八幡東区