柄杓田校区は、令和2年11月14日から5年間の「ふくしのまちづくり」に取り組み、

愛称を「ガガナキ会」としました。

ガガナキ会モットーは、「住民一人一人が、1つ善い事をしよう」です。

計画を作つくる中で始まった、取り組み活動を紹介します。

 

①  「ほっこり・にっこりフラワーゾーン」

令和2年11月21日に「花の寄せ植え教室」に参加し、ゴミステーション・自治会事務所前・

柄杓田市民サブセンター入り口に飾り、美しい空間づくりに取り組んでいます。

5月は夏のお花に植え替えています。

四季折々のお花を観賞してください。

     

 

②  案山子の設置

「ケアホームいやし」の利用者と職員が製作した案山子をゴミステーション設置しました。

残念ながら、6月12日(土)10:00の除幕式は、雨のため中止になりましたが、美波瑠ちゃんが

ゴミステーションを昼夜問わず見守っていきます。

    

 ~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~

 

【案山子づくりのご紹介】

 

 案山子づくりは、地域福祉にご理解・ご協力を頂き、「ガガナキ会」の策定委員でもある、

「ケアホームいやし」の田代専務が快く受けてくださいました。

製作にあたり、職員さんは3つのことに心掛けました。

①  楽しみながら作ろう(利用者さんが笑顔になるよう一緒に取り組もう)

②  実在の人物に似せて作ろう(案山子に親しみや愛着を感じよう)

③  雨にも負けない案山子を作ろう(作った案山子を大切にしよう)

 

 初めての案山子づくりのため、「案山子の作り方」を職員さんがインターネットで調べて、

試行錯誤を繰り返しました。利用者さんはできる事を協力して、かかしづくりの製作の場は

笑顔と笑い声があふれていました。

職員のみなさん、利用者のみなさん、ありがとうございました。

【田代専務とけんちゃん、並んで、ハイポーズ(^^♪】

     

 ※ガガナキ・・・柄杓田の方が大好きなおさかなです。お煮つけが美味しい!